-->

2012年10月28日

日本版Kindleで本を買ってみた


日本版Kindleストアができたので、心待ちにしていた僕は結構長い時間をかけてじっくりストアを見てみました。
いま、僕はタイのバンコクに住んでいるので、日本の本が手に入りにくく、基本的にはほぼ全ての本を電子書籍で読んでいます。
とはいえ何でも電子化されているわけではないので、紀伊國屋書店BookWebで売っているものは電子版を買って、紀伊国屋に無いものはAmazon→スキャン屋さんでPDFにしているというのがこれまでの状況。

Kindleストアもリアル書店に比べれば品揃えはまだまだだけど、紀伊國屋書店BookWebに比べ読みたくなるような本が多いように感じました。

これまで米国Amazon.comアカウントにつないでいたiPadのKindleアプリを日本版につなぎかえて早速試しに本を購入。
Appleがアプリ内からの外部決済サービスの利用を許可しないからという理由だったと思いますが、アプリ内から直接購入できないのは、とても不便。
ちかくにパソコンがあったので、そこからAmazon.co.jpでKindle本ランキングを見てると結構読みたくなる本があってうれしくなります。
パソコンで「1Clickで今すぐ買う」をクリックすると、すぐにiPadに本が入ってきます。もちろんiPadのSafariからでも買えるし、スマートフォンからでもなんでもいいのですが、アプリ内で買えたらいいよなあ。

マギって言う週刊少年サンデー連載のマンガが非常に評価が高いことを知って、一冊ダウンロードしてみたらおもしろい!

1冊目を読み終わって、期待大だったので一気に10巻まで購入してさっき続きを読みました。
ド定番冒険ものだけど、よく練られた話ですね。マンガ好きの皆さん要チェックです。
続きが読みたくて、でも買ってなくて、翌日本屋に駆け込んででも在庫がなくて、、、そんな状況は今後なくなっていくんですね。
ただ、紙の本では15巻の予約受付中なのに、Kindleは10巻までしか買えないのは残念。

もひとつ残念なのは、米国のAmazon.comで買ったKindleハードウェアは残念ながら日本版Kindleストアにはつながらないし、日本版Kindleストアで買った本は読めないんです。
でもKindleハードウェアの読みやすさはすごさは知っているので、日本版Kindleの購入はとても迷うところ。
今のところ、すでに持っているiPadで(1)Amazon→スキャン屋さんでPDF化した本も、(2)紀伊国屋電子書籍も(3)Kindle本も読めるので、電子書籍リーダーとしてiPadを使っていくのが合理的なんですけどね、でも欲しいなあと。
買うならKindle Paperwhiteだな。





posted by masa at 10:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 はてなブックマーク - 日本版Kindleで本を買ってみた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。