-->

2011年07月16日

ホロホロの身にかんぱい、サワラ

タグ: 魚兵

中山の魚兵に行ったら見慣れない大きな魚。
札に書かれた名前はサワラ、そして大大大の文字。
大きすぎるサワラを無理矢理袋に入れて、自転車のカゴにつんで、大声で歌いながら帰宅。(子ども乗せてるから一緒に歌うだけで、一人のときは歌わないですよ。今日の選曲はバナナンバナナンバーナーナエンドレスリピート)

サワラ、でかい!60cm
いやー、でかい。1,100円なり。
今まで買った中で、最長。測ってみたら60cmあった。

さっそく3枚におろして、皮をひいて刺身にしようと思ってとりかかったら、身が柔らかくてホロホロと崩れてしまい、人様に見せられるようなもんじゃなくなってしまった。サワラに完敗。
つまに出すのもわるいなーと思いつつ、ぐずぐずながら刺身で食べてみたら、甘みのあるというのかな、味がすごくよかった。

一部刺身を諦めて、焼きでも食べた。
そしたらこれが旨い。ああ高級魚って感じ。(買ったのは高くないけど、サワラって高級魚らしい。)
ホロホロと口の中で崩れる味で、今度は乾杯。
サワラと紅鮭の焼き物
真ん中に写ってるのは、刺身にするためにひいた皮を、竹串に巻いて焼いたもの。これがホントに絶品だったんだけど、子どもに食べさせたら「おいしー」って言うからほとんどあげちゃった。

ああ、また売ってるといいな、サワラ。あと半身を明日食べてしまうのが惜しいくらいだ。
漢字で書くと鰆ってことは、春にはもっとうまいのかな。そうだったらすごいな。

開いたところはこんな感じ。
開いたサワラの身
この時点でけっこー身が割れてて、まだまだ腕が足りないなと思わされる。
味は全然違うけど、魚の形としてはサバに似てるなーなんて思いました。


タグ: 魚兵


posted by masa at 20:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 飲食 はてなブックマーク - ホロホロの身にかんぱい、サワラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。